マジックナンバーを求めてリテンション向上に向けたグロースハック

people reacted
所要時間 2

Growth-hack-to-improve-retention-in-search-of-magic-numbers

1 | はじめに

マジックナンバーとは、ユーザーが特定のアクションを規定回数以上行うとサービスの継続率や収益などの重要指標が飛躍的に向上する相関関係のあるアクションを示しています。

マジックナンバーの事例で有名なのは Facebook と Twitter です。

画像1

 

画像2

ここでは、マジックナンバーを求めてリテンションの向上をはかる手順についてご案内します。

ここでご案内している Twitter も Amplitude を使ってマジックナンバーを求めてリテンション向上などに活用しています。

 

2 | リテンションの現状確認

まずは現状のリテンションを求めてみます。ここでは Amplitude のデモデータ AmpliTunes で実演してみます。

リテンションは Amplitude のリテンションチャートで容易に求めることができます。AmpliTunes のリテンションは以下となっています。(チャートリンク)

Amplitude の無料アカウントをお持ちの方は (チャートリンク) を押下する事により実際のチャートで確認できるようになっています。

画像3

 

チャートによると AmpliTunes のリテンションは以下となっている事が求められました。

・1日目リテンション 28.1%
・7日目リテンション 14.9%
・30日目リテンション 9.84%

すなわち、初日に100人の新規ユーザーを獲得したら30日目には10人弱のユーザーがサービスを継続利用してくれている事になります。

 

3 | マジックナンバーを求めてみる

リテンション向上に向けたマジックナンバーを求めてみます。マジックナンバーは Amplitude のコンパスチャートで求める事ができます。

新規ユーザーが4週間後に継続利用している際に統計的に相関関係のあるアクションを求めてみます。(チャートリンク)

画像4

 

複数のアクションが4週間後のリテンションと相関関係にある事が求められました。その中でも最も相関関係のスコアが高い以下のアクションに注目してみます。

Edit Profile

Edit Profile はユーザーが AmpliTunes でプロファイル変更した際に発火するイベントです。コンパスチャートによると、マジックナンバーは以下と求められました。

7日間で Edit Profile を2回以上実行

ちなみに、このマジックナンバーはビックデータから求めた相関関係です。実際にはプロファイル変更する事により、レコメンデーションエンジンがユーザーの好みを把握し、よりユーザーの嗜好に合ったサービスを提供できるようになった為、継続してサービスを利用してくているのかもしれません。

Amplitude では AI により相関関係ではなく因果関係も求める事ができます。こちらについては別途ご案内させて頂きます。

 

4 | 効果検証

ここでは前章で求めたマジックナンバーによって、どれだけのリテンション向上の効果があるのかを検証してみます。

この検証を行う為、リテンションチャートで以下を比較してみます。

全体ユーザーとマジックナンバーを実行したユーザーのリテンション比較

この比較を行なったのが以下となります。(チャートリンク)

画像5

 

全体のリテンション(青)とマジックナンバーを実行したユーザー(赤)の比較をすると以下の効果を確認する事ができました。

30日目のリテンションが 8.20% から 35.5% へと向上

AmpliTunes の新規ユーザー数を確認した所 130,001 人でした。30日目のユーザー数は以下増加する計算になります。

30日目のリテンションユーザー増加数 35,490人

 

5 | まとめ

ここでは、リテンション向上に向けたマジックナンバーを求め、その効果検証を行いました。

結果 Edit Profile を実行すると 30日目のリテンションユーザー数が 35,490 人増加する事が判明しました。より多くのユーザーに Edit Profile を実行してもらう為、以下のような施策が検討できます。

Edit Profile を一度も実行していないユーザーにメッセージ施策で Edit Profile の実行を促す

もしくは UIX を変更して以下のようにしても良いかもしれません。

アクティベーションの中で Edit Profile を必ず実行してもらう

このようにユーザー定着と相関関係のあるアクションを導き出し、導き出したアクションをより実行し易い環境を繰り返し整備してサービスをグロースさせて行く事を Amplitude ではお勧めしています。

 

6 | 他のグロースハック手法のご案内

リテンション向上は ゲーム | コマース | コミック 等あらゆるサービスのグロースハックで重要と言われています。以下のマガジンで具体的なグロースハック手法をまとめてますので、ご参考頂けますと幸いです。

[TOBEUPDATED]

 

7 | Amplitude 無料アカウントについてのご案内

Amplitude は月間 1,000 万イベントまで無料でお使い頂けます。ファネル分析 | LTV 分析 | リテンション分析 | アクティブユーザー分析等、グロースに必要な分析を行う事ができます。

Twitter, dropbox, Microsoft, Hubspot 等で利用されている分析ツールをご自身のプロダクトでもお試しください。

[TOBEUPDATED]

 

8 | 「リテンション向上の虎の巻」無料 DL ご案内

北米で最もダウンロードされているリテンション向上教本の抄訳 (全63頁) 登録不要ダウンロード頂けます。

登録不要ダウンロード

画像6

 

9 | Amplitude について

Amplitude は、多くのアナリティクスが採用している「セッション軸」でなく、「ユーザー軸」でユーザー行動分析ができるアナリティクスです。ユーザー行動分析により、顧客理解を深める事ができ、データに裏付けされたサービス改善を図る事ができます。

Amplitude は全世界で30,000社以上の導入実績があり、NTTドコモ, Microsoft, Twitter, Dropbox, PayPal, Under Armour 等のグローバル企業で利用され、データに裏付けされた顧客理解やサービスグロースを支援しています。

日本市場においては、パートナーである代理店と共に、イベント設計、ETL、導入から分析を含む運用支援を一気通貫でご提案させて頂いています。

お問い合わせ : tokyo@amplitude.com

 

Masakatsu Yoneda

More from Masakatsu

プロダクト
インテリジェンス #1

Amplitude のユーザー行動分析をサンプルデータでご体験できます。ユーザーインサイトを把握できるようになります。その内容をプロダクト開発に反映する事により、エンゲージメントを高めるプロダクトを提供できるようになります。

を体験してみる

Inside Amplitude